知っておくべき夫婦間の財産の保有権

相続問題といえば、兄弟間や親子間。
もしくは、子供と親類の間で起こる醜い争いというイメージを持っている方は多いでしょう。

しかしながら、こういった泥沼の争いばかりではありません。
実は自分のものだと思っていた資産が夫のもので、相続税の課税対象になり、老後の蓄えが全てパーになるなんてトラブルも存在していますから紹介しましょう。

夫婦になって稼いだものは夫婦のもの?

一般的には、結婚をし、夫婦になった後から稼いだお金は、二人の共有物。
こういう風に考えている方は少なくありませんね。
確かに離婚調停などの場合には、こういった理論が適用されますが、こと「相続」に関しては、このルールは適用されません。

相続では、夫婦がそれぞれ稼いだお金は、それぞれ個別のものといった「夫婦別財産」という考え方が適用されるからです。
これを覚えていないと、例えば旦那さんが稼いできた給料から、老後のために貯蓄をし、頑張って節約生活をして貯めた貯金も、相続税でごっそり持っていかれることになるのです。

名義は関係なくなってしまう

そんなことを言っても、コツコツ貯金をしている預金通帳の名義人は自分だし、名義人が自分なのだから、関係ないでしょうなんて思う方は少なくありません。

しかし、名義人が誰であるかなんてことは、相続税には関係ないのです。
夫が稼いだお金は夫のもの。
妻の場合もそれは同じ。

つまり、そのお金は誰が稼ぎ、支出の権限は、誰が持っているのかの事実を判断基準にしているのです。
つまり、結婚をして専業主婦になってしまえば、いくら節約生活をして切り詰めて、貯蓄をして財をなそうが、それは夫の財産であり、妻の財産は独身時代に稼いだお金で購入した不動産や貯金のみということになるのです。

したつもり贈与がないように注意しておく

例えば退職金の一部を贈与しようとして、妻名義の預金通帳をつくり、まとまった金を入れておく。
でも、それを生前に告げなかったものだから、後になって気が付き、税理士から夫の預金であると申告するように指摘され、結局、莫大な相続税を支払うはめになったなんていう「したつもり贈与」が相次いでいます。

サプライズもいいですが、これでは、ネガティブな意味でのサプライズになってしまう。
夫婦間に秘密はないに越したことはないのです。