相続問題はなるべく第三者を介入させる

相続問題が起こった時、バラバラになっていた兄弟などが集まり、話し合いの場を設ける。
そこには、兄弟姉妹のみならず、その配偶者達が集まったりして意見を交換するわけです。

人数が多ければ多いほどに、当然に意見は違ってくるわけで、血の繋がった兄弟姉妹だけであれば、話し合いでも納得できるかもしれないのに、余計な入れ知恵をして、話を複雑化させてしまうことなんて当たり前にあります。

泥沼になってしまった場合には、裁判所の力を借りるのが一番です。

遺産分割協議を利用する

裁判になる前の話し合いの段階が、遺産分割協議と呼んでいます。
相続人が一同に会して、誰がどの財産をどのくらいもらうようにするのか。
これを話し合いによって決定するのです。

ポイントとしては、この遺産分割協議は、相続人の全てが一人として欠けることなく、全員が参加しなければ成立しないという点です。
話し合いをするといったのに、来なかったから、お前には遺産を貰う権利はないなんて言い分は通用しません。

ですが、人間関係が少しでも歪んでいると、敢えて話し合いに参加せず、この遺産分割協議が開けないという事態になり、ますます人間関係が悪化してしまいます。

結果として、全く話し合いが進まないどころか、お互いに主義主張をガンとして曲げず、泥沼化する恐れがあるのです。

最終的には家庭裁判所を利用する

こういった場合には、家庭裁判所を通じ、遺産分割調停や遺産分割審判といったものを手続きしましょう。
この分割調停は、遺産の内容の確認。
そしてそれらの分配方法について、裁判所の人間が介入して、第三者を交えた話し合いの場です。

こういったものを利用することで、人間関係が上手く行っていない状態でも、家事審判官や調停委員といった方達が、当事者の間に入って、顔を合わせることなく話し合いを進めていってくれるので、当事者同士で話し合う遺産分割協議のように、感情的になって、参加をボイコットするなどという泥沼化はしません。

当事者同士となると、身内ですから、どうしても甘えの感情が出てきてしまい、引くに引けないことが多いです。
この公共の機関の第三者がいることによって、感情的なものを抑え、それが仮の姿であっても、冷静な話し合いをすることが可能になるのです。

このように大げさなものではなく、第三者を介入させるだけで、これまでの苦労が嘘のような話し合いがスムーズになるのです。